デスクトップクラウドの開設方法

どーも。
創職系サラリーマントレーダーのろっくです。
 

FX口座の開設が完了したら、
FX自動売買するためのサーバー環境準備をしましょう!
 

自動売買にサーバー環境がいるの?

FXの相場は、
平日24時間・・・常に動いています。
 

チャンスは皆さんが寝ている
日本時間の深夜にもガンガン訪れるのです。
 

そのため、
FX自動売買を24時間稼働させるPCが必要です。
 

別途、お伝えしますが、
FXのトレードを行うためのプラットフォーム
MetaTrader4 というソフトが必要なのですが、
これはMacではなく、Windowsでないと動かないんです。
 

また、パソコン自体も24時間稼働させておく必要がありますので、
お手持ちのパソコンで自動売買を実施するのは難しいでしょう。

余ったPCを活用して、
24時間稼働させておくのも選択肢としては良いかと思いますが、

24時間PCを稼働させ続けると、少しずつ動作が重くなり、
いざという時に、正常な動作をおこしてくれない。
ということも考えられます。
 

なので、自動売買を実施するのは、
サーバー環境を借りて、仮想上のパソコン環境を
手に入れるが必要があります。
 

仮想上のパソコンって?

24時間働き続けてくれる環境を確保するには、
VPSというサービスを利用するのがかなり楽です。

VPSとはVirtual Private Server(仮想専用サーバ)の略。
 

カタいを言葉いっても仕方が無いので、
簡単に言うと、サーバ上で動くWindowsパソコン
という感じですね〜

VPSは月額の費用がかかってきてしまいますが、
これは必要経費として考えましょう。

気がついたら、
1週間自動売買ソフトが動いていないかった・・・
なんてなるよりも、よほどいいですからね。
 

仮想デスクトップの導入

VPSとか、仮想サーバーとか難しそう・・・

と思う方も多いかもしれませんが、
導入は結構シンプル!

仮想デスクトップを提供しているサービスを契約するだけ!
 

まずは、下記サイトから申込手続きをしましょう!

⇒デスクトップクラウドの申込はこちら

 

様々なプランがありますが、
MT4を稼働させるだけであれば、
一番安いプラン(メモリ1GBプラン)で問題ないでしょう。

仮想デスクトップサービスの契約ができれば、
次は自動売買をするためのMT4の導入です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ