注目のビジネスニュース

【衝撃】なんと!30~50代の約4割が貯金は「10万円未満」!老後はどうする!?

2014年7月24日

 
最近アベノミクスが元気ないですが、
日本の経済はどうなるんでしょうね?
 
特に老後が心配な人も多いかと思います。
 
そんななか、衝撃的な調査結果がでました。
 


日本法規情報が実施したアンケート調査によると、
30〜50代の約4割が貯金が10万円未満という結果でした。
 
50代ともなれば、定年間近の人もいるじゃないかと。
 
年金受給年齢が引き上げられているので、年期受給開始までは
貯金を切り崩しかないと思うですが、10万未満の人々は
どうするんでしょうね。
 
また、調査結果を見ても、まともに貯金があるのは、約1割にとどまっている。
 
アベノミクスで日本経済は少し明るくなった感があったけど、
日本国民の懐はまだまだ氷河期のようですね。
 
調査による30~50代の貯蓄額はこちら。
 

1位  100万以上500万未満 21%
2位  10万円未満 18%
   貯蓄はない 18%
4位  50万以上100万未満 11%
5位  20万以上50万未満 8%
   10万以上20万未満 8%
7位  500万以上1000万未満 6%
   貯蓄どころか債務がある 6%
9位  1000万以上3000万未満 5%
(日本法規情報調べ)

 

老後に必要な資金は最低5700万円

 

仮に定年が65歳に引き上げられたとして、
 
夫婦で普通の暮らしをするためにも5700万円は必要です。

 

このままでは、普通に老後の生活をできる日本国民は
 
ほぼ皆無ではないか!

 

日本国民を見殺しにする気か!

 
といいいたいところですが、政府にいっても何も期待できないので、

 

自分の身は自分で守る!

 

これしかないと思います。

 

老後に向けた資産形成が必要

 

サラリーマンの給料に極限の節約をしても、安定した老後を暮らせないとなると、
 
別途、老後にゆとりを持たせる資産形成が必要となってきます。

 

収益を生む資産が老後にあれば、年金だけの極貧生活を回避することができるでしょう。
 
代表的なの不動産ですね。

 

 
働かなくても収益がはいる不動産等の収益型資産を持っていれば、
老後に働けない身体になっても安定した生活ができるでしょう!

 

なので、若いうちからなるべく早く、副業の資産型収益の構築をすることをおすすめします。
 
早ければ早いほど、資産が大きくなるスピードは早くなりますので。

 
自分の身は自分で守る!
 
これですね!
 

-注目のビジネスニュース
-,

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.