副業

副業か?転職活動か?30代女性のキャリア大丈夫?

2014年6月23日

近年、専業主婦ではなく働く女性が増えてきてます。
 
とはいえ、まだまだ女性は結婚・出産等を機に辞めていく風潮もまだまだあります。
 
30代女性となると、仕事が合わないとか安月給で割にあわないとなったときに、転職するのか副業をして給料を稼ぐのか、大きな選択を強いられると思います。
 
30代女性の転職は活動はどうなのでしょうか?
 

 

30歳女性の正社員への転職活動はどう?

 

近年では、就職活動や転職活動をしても、なかなか採用にまで至らないことが多くなっています。
 
十分な職業経験を積んでいる人であっても、不採用が続いてしまうものです。
 
そのため、あまり経験がない人の場合は、上手に活動するようにしないと、書類選考だけでふるい落とされ、面接を受けるチャンスすらもらえなくなります。
 
また、性別による差別が行われなくなってきた現在でも、女性の就職活動・転職活動は、男性よりも難しいケースが多いです。
 
男性の場合と同じように、女性でも若い人の方が就職・転職をしやすいです。
 
女性の転職は、30歳くらいが限度だと言われることも多いです。
 
30歳以降に転職活動をする場合は、20代の時点で行ってきたのと同様の活動を続けていても、なかなか採用につながることはありません。
 
とりわけ、正社員としての就業を希望している場合は、より真剣な気持ちで取り組んでいかなければならないのです。
 
それまでに身につけてきたスキル・経験を必死にアピールして、採用担当者に認めてもらうように努力することが大切です。
 
30歳という年齢は、男性でも女性でも、転職をするに当たって不利な立場になっているということを強く認識しておく必要があります。
 

[memo_h4 style="1" color="red"]30歳既婚女性の転職活動はどう?[/memo_h4]
 
女性は既婚者だとなかなか思うように転職するのが難しいようです。
 
理由としては、もし子供がいない場合はいつか子供が出来るのではないか、そうなると子供優先になってしまい仕事で残業などが出来ないのではないかと考えるからだそうです。
 
しかし、仕事内容では既婚者大歓迎、子供がいても大丈夫というところもあります。
 
その一つが医療職です。
 
特に看護師は人手不足のこともあり、病院に付属の保育園があり病児でも24時間見てくれます。
 
年齢も20歳から30歳までなら、経験がなくてもプリセプター制度と言って、先輩がつきっきりで仕事や必要な知識を教えてくれます。
経験があれば40歳や50歳でも雇用してくれますし、働き方も夜勤専門や午前中だけなど我侭も聞いてくれます。
 
しかし、看護師は免許が必要ですし、子供がいたり金銭的なことで学校に通うのは無理だという人もいます。
 
そんなときは、まず介護職員初任者研修の資格を取得してはいかがでしょうか。
介護職員初任者研修は、旧ヘルパー二級のことであり、介護職を始めるには持っていて損はない資格です。
 
介護の職場で必要な知識や技術を教えてくれますし、看護学校と違い費用もほとんど掛かりません。
介護士として病院で働き奨学金をもらって、准看護師の学校に行くのはどうでしょうか。
准看護師の学校は定時制ですし、働きながらでも通えます。
 
准看護師だけでも看護師の仕事は出来ますし、もし希望するなら定時制の正看護師学校に通い看護師になることも出来ます。
 
既婚でも子供がいても、いろいろな仕事に就くことは出来ます。
 
年齢に関係なく、様々なことにチャレンジしましょう。
 

いずれにしても、30代女性が転職を望む場合は、資格を取得する等のそれなりの覚悟がいるかと思います。
 
そこまでの、覚悟がないのであれば、副業等にて給料を増やす方がいいのではないかと思います。

-副業

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.