ビジネス・投資本 株式投資

cis本を読んだ感想!内容からcisトレードをシミュレーションしてみた!日めくり cis語録【2020年2月発売】

2019年12月25日

こんにちは、ろっくです。

スーパートレーダーcisの有名な語録として

「おっす!おら損5億」
「一撃19億!」
「東証は俺のサイフ」

次元が違いますよね。それが率直な感想…

そんなcisさんが、
2020年に新しい本というかカレンダーをだされるそうですね。

「日めくり cis語録」

ということで、毎日cis語録にふれることができるそうです・・・

cisさん新刊 【日めくり】cis語録 230憶トレーダーの勝つ至言

さて今回は、
以前に読んだcisさんの名著であるcis本をの内容から、
投資手法のエッセンスをまとめて、
投資のシミレーションをやってみました!

 

トレーダーcisさんとは?

本の内容でも紹介されているcisさんのプロフィールは以下です。

  • 総資産230億円のトレーダー(2018年)
  • 1979年3月生まれ
  • 大学4年生で株口座を開き300万円からスタート
  • 資産6000万円で2004年6月から専業トレーダーに
  • 一人の力で日経平均を動かせる男とも言われる

「一撃19億」とは?

cisさんの名言語録である
「1撃19憶」とはどんな内容だったのでしょう?

2018年2月初に日経の暴落時に売りでとったトレードのことで、
ワントレードで19億の含み益となってときにtweetしたものです。

Twitterでの19億のスクショはこちら

もう桁が意味わからない!
ってのが率直な感想…

ちなみにこのトレードは最終的には、
「大儲けからの大損フィニッシュ。おわた」

というツイートされており、
一時的な含み益で19億はあったけど、
最終的には大損でクローズしたそうです。

cis流トレード法(エッセンス)

トレーダーcisさんの投資手法を、cis本の内容からエッセンスを抜粋しました

  1. 基本は順張り。トレンドフォロー。でも逆張り的なエントリーもする
  2. 損切りは早い。2度目の押し目で売る
  3. できるだけ引っ張る。でも逃げる時はすぐ逃げる
  4. 週末の売られすぎの逆張り

1~3はトレンドフォローを基本として、
できるだけ引っ張るけど、損切りは早くという手法です

4については、完全に逆張り手法ですが、
2019年はこの手法でかなりの利益をとられたそうです。

具体的には、
トランプ発言で下落したら買いをいれて
トランプ発言で上昇したら売る
ということだそうです。

Twitterでも下記のようにつぶやいていました。

cis流トレードシミレーション

cisさんのトレードをTwitterの内容をもとにシミュレーションをしてみました。

①エントリーポイント

エントリーポイントを見てみると、
全体的には上昇トレンドの中で、一時的に下落してきて、下値が固まってきたところでエントリーしている。
全体的にはトレンドフォロー目線で、エントリーは逆張り的なエントリーになってます。

②逃げ足と即転換

日足ベースでみると、下ヒゲ陰線をつけたところでしたが、
一時的に下落したところでは、マイナス投げの逃げ足の早さをみせて、
その後に下ヒゲつけて株価戻したときに買い直しをするという素早い対応ですね。
その後株価はうなぎのぼりでしたからね。

cisさんのトレードを見てみると、
基本スタンスはトレンドフォローと言いつつも、
エントリーは逆張り的なので、
ろっくのトレード手法とかなり近い感じになってます。

ろっくがトレードで勝てるようになった理由

とはいいつつも、資産額の差は月とすっぽんですが・・・

以上のように、
cisさんの思考法をcis本の内容から抜粋しましたが、
cis本もぜひ読んでみてはと思います。


cisさんがどういう考え方で生きてきて、
いまのようなcisさんになったのかがわかるので、かなり参考になると思います。

なお、本を読むのが苦手な人はこちらもおススメ!

本を読むのが苦手な人にAmazonオーディブルをおススメする3つの理由

 

-ビジネス・投資本, 株式投資
-,

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.