少額投資

少額投資は意味がないのか?少額投資の本質とは?

2020年3月6日

少額投資って大して稼げないから意味ないんじゃない?
悩む人
ろっく
それは少額投資の本質を理解してないからやで!

 

できることならお金をかけずに投資したいと、少額投資を希望する方は多いと思います。

投資はリスクがつきものですので、なるべく経費を削減したいということからでしょう。

ただ

「少額投資は稼げないから意味ない」

という意見もあるようです。

 

少額投資は本当に意味がないのか、その本質について紹介をしていきます。

 

意味ない?少額投資を始める理由とは

投資初心者の中には、どういうものから始めればいいのか、迷っている方もいるかもしれません。

投資と言えば、株式投資やFX、先物取引や外貨預金など様々なものがありますが、どれもリスクがあることに違いはありません。

唯一リスクのない投資として預金がありますが、それも現状のような低金利では、なかなか思うように貯めることはできないでしょう。

 

そういうこともあって株式投資など、リスクを受け入れても儲かりそうな商品を選ぶことになるのです。

そこで出てくるのが少額投資という方法ですが、「少額投資は意味ない」、「稼ぎたいのであれば高額投資すべき」といった意見もあります。

 

しかし本当に少額投資は意味がないのでしょうか?

 

実際に少額でもいいので投資をしていた人と、そうではない人とを比べると、将来的に稼げる金額に大きな差が出てきます。

 

実際に、著名な投資家と知られているウォーレンバフェット氏は、11歳のときから投資に携わっていたそうです。

インデックスファンドでおなじみのジョン・ボーグル氏は、大学に在籍していたときに投資についての論文を書いています。

 

それによると「お金がないので投資しない」というのは最適な理由に見えるのですが、実際は最悪な言い訳と述べており、

 

それは

将来的にお金が稼げなくなる魔法の言葉

と言っているのです。

 

どういうことかというと、お金がないからこそもっとお金について学ぶ必要があり、そのためには少額から投資を始めた方が良いことになります。

 

 

少額投資を始めるメリット

少額投資は意味ないという意見がある一方で、少額投資は意味あるもので、将来的にお金を貯めたい方はたとえ少額でもいいので投資はした方が良いなど、少額投資にはそれなりの意味があると言われています。

 

少額投資を行うのは、資産形成のためだけではないのです。

少額の投資には意味があり、メリットも存在しています。

 

投資初心者は商品の選択に迷う人も多いと思いますが、そういうときは是非、少額投資から始めるべきです。

 

少額から投資すれば、投資の経験を積めることはもちろん、お金の勉強にもなります

 

著名な投資家であるウォーレンバフェット氏も早くから投資を始めていますし、若い頃から投資をしていると、お金の使い方は180度変わることもあるのです。

 

 

当然ですが、若いうちに少額でもいいので投資をしておいた方が、非常に良いのは間違いありません。

お金について勉強するためにも少額投資は大事になり、実際に自ら少額投資を体験することで、経済情勢や市場の流れなど、色々なことを勉強する機会がかなり増えた、という人も少なくありません。

 

例えば、ドル安円高の状態になれば円建ての評価額は下がってしまうなど、市場が大きく動いたときは反応が敏感になることもあるようです。

 

少額投資というのは将来的に見ると、

ある程度まとまったお金が稼げるようになれる

ための投資の練習でもあります。

 

たとえ少額でもいいので投資を行っていると、次のことを学ぶことができます。

ポイント

◆安くなったときに買い増しの決定ができるようになる
◆損切りはいつ行うかの判断ができるようになる
◆自分のリスクの許容を判断できるようになる
◆どういったニュースに反応すればいいのか分かるようになる

 

他にもまだあるかもしれませんが、少額投資の経験を積んでおけば、将来的に自分の年収が上がって投資できる額が増えたとしても、失敗を防止できるようになれるのです。

少額投資を行うメリットは多いので、将来的に効率的な投資ができるようになるために、今からでも少額投資の経験を積んでおくことをおすすめします。

少額投資ができるおすすめ株アプリ4選【草食系投資】

続きを見る

 

少額投資には家計の把握や節約意識などもある

少額投資には様々なメリットがありますが、他にも様々なものがあります。

それが家計の把握や節約意識の向上などです。

投資によって収入が増えれば、家計の管理をすることが楽しくなります。

 

投資を初めてから、「いくら節約すれば欲しい物が買える」など、節約の意識もシビアになってくると思います。

さらに少額投資によって、実際にお金が「いくら増えた」や「いくら減った」などの事実の体験ができ、「お金がお金を生む」ことを学習できます。

これはつまり労働以外の場面でも、お金を生み出す仕組みを学べることになるのです。

 

少額投資が持つ本質は、それ自体で稼ぐのではなく体験を積むことであると言えるでしょう。

確かに投資にはそれなりのリスクがありますが、少額の投資から始めれば大きなリスクを回避できます。

少額投資には色々とメリットが多いので、迷っていた方もまずは始めてみることをおすすめします。

小遣いが少ないサラリーマンでもできる少額投資とは?

続きを見る

 

 

-少額投資
-,

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.