お金の勉強

10億円稼ぎました!

2015年1月27日

どーも!

創職系サラリーマンのろっくです。

 

さて、
タイトルみて驚いた方もいるかもしれませんが、
完全なる釣りタイトルです!笑

私の中で、
来週には言ってみたいワードランキングに入ってる言葉です。

 

それは何故かというと、
toto BIGが2015年1月31の回だけ
最高当選金が10億になるんです!

めったにないチャンスなので、
皆さんも挑戦してみては?

 

ちなみに、私は1万円分だけ買っときました〜!

てゆうか、toto BIGとは宝くじってお得なの?
どの宝くじがあたり安いの?

意外とこういうことを考えずに
toto BIGや宝くじを買っている人は結構いますよね〜?

なので、
今回は、toto BIG や宝くじの当選確率を比較して、
どれが一番お得なのか検証しちゃいました!

 

当選しやすい宝くじはどれ?

 

宝くじは投資利回りで考えると、
確実に赤になる商品です!

でも、やっぱ夢みちゃいますよね〜
宝くじのリターンを考える場合、『期待値』を使って評価します。

 

ここで質問ですが、
あなたならどっちのくじを買いますか?

当選する確率が1%で、当選金が100万円のくじA
当選する確率が3%で、当選金が50万円のくじB

 

これらを評価するために使う『期待値』は以下の数式で計算されます。

 

期待値 = 当選確率 × 当選金額

 

先ほどの2つのくじの期待値を計算すると、

くじA = 1% × 100万円 = 1万円
くじB = 3% × 50万円 = 1.5万円

 

この期待値が大きい方がお得となります。

くじAに期待できるリターンが1万円で、
くじBに期待できるリターンが1.5万円であり、

くじBのほうがリターンが大きい。

 

当選しやすい宝くじは、
期待値の大きなものを探せばよいということになります。

 

期待値の高い宝くじはどれ?

 

いま現在、販売されている宝くじの期待値を
計算してみましょう!

 

年末ジャンボ = 1/10,000,000 × 約7億円 = 70円
loto6 = 1/6,096,454  × 約1億円 = 65.6円
loto7 = 1/10,295,472 × 約4億円 = 77.7円
totoBIG = 1/4,782,969  × 約6億円 = 125.4円

 

なんと、
各宝くじいずれも、
300円で購入した宝くじのリターンは100円をきっている状況

 

投資として考えたら絶対負けますね!

 

その中でも唯一、totoBIGが一番期待値が高く100円を超えている状況。

 

しかも、
次回の賞金総額10億円の場合は、
期待値がさらに向上します!

totoBIG(特別回) = 1/4,782,969  × 約10億円 = 209円

 

以上のように、

2015年の10億が当選するtotoBIGが一番期待できますね!

今回の10億toto BIGは大チャンスなので是非是非〜

 

とはいえ、
投資額が回収できない期待値なので、
負けることを前提に宝くじを買えばいいでしょう。

 

-お金の勉強

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.