副業YouTuber

副業YouTuberが稼いだら税金は?確定申告は必要?

サラリーマンの中には副業している人もいるかと思われますが、たくさん稼いでしまうと気になってくるのが税金です。

副業の中でも人気を呼び始めているのがYouTubeになり、実際にYouTuberとして稼いでいる人も少なくありません。

副業YouTuberがたくさん稼いだときに、確定申告をして税金を支払う必要はあるのでしょうか?

 

副業YouTuberはどれくらい稼いだら確定申告が必要なの?

最近、話題を呼んでいるのがYouTuberです。

YouTuberは、YouTubeに動画をアップして、たくさんの視聴者がアクセスすれば稼ぐことができます。

YouTuberについてあまり詳しくない人もいると思いますが、現在では職業として認知もされていて、小学生の男子が将来希望している職業のトップ10にもランクするほどの人気があります。

現在では一般の人はもちろんそれだけではなく、テレビでお馴染みの芸能人たちもYouTuberとして活躍する、といった時代になっています。

当然ですが人気芸能人のような高い知名度を誇る人であればアクセス数が多いこともあり、その分の稼ぎも増えてくることでしょう。

 

一般の人であっても努力次第では有名になって、人気芸能人に負けず劣らずの稼ぎをするかもしれません。

この稼ぎが増えてくるに従って、避けては通れなくなるのが確定申告です。

年度末に行われる確定申告できちんと申請をして、所定の税金を納める必要があります。

そこで気になるのが確定申告を必要とする方ですが、どのくらい稼いだら申告しなければいけないのでしょうか。

実際に確定申告が必要になるボーダーラインですが、副業としてYouTubeで稼いだときには、収入のトータルが20万円を超えているのかが、大きなポイントになります

 

YouTuberとして稼いだ金額が20万円を超えると、年度末に確定申告を行う必要がありますが、副業の所得が20万円以下であれば、特に申告の必要はありません

ただしこれは所得税になり、住民税の申告は必要ですので忘れないで行うようにしましょう。

住民税の申告をするときには、お住まいの役所の住民課などで受け付けていますので、確認しておくといいと思います。

本業でYouTuberを行う人は、1年間の所得が38万円を超えた時点で申告が必要になりますので、頭の中に入れておきましょう。

ろっく
YouTubeは収益化するまでしんどいけど、収益化したら月に2万円くらいはすぐにいくので、YouTubeで稼いだら確定申告は必須と思ったほうがいいね

 

YouTubeの所得を確定申告しなかったらどうなる?

サラリーマンの中でYouTubeによって稼いだ報酬がある程度になると、年度末に確定申告をしなくてはいけません。

稼いだ額にもよりますが、状態によってかなりの額の税金になることも考えられます。

 

その中には

どうせネット上のことなので申告しなくてもバレないだろう」と、思っている人もいるかもしれません。

 

しかし副業YouTuberとして稼いだ額が20万円を超えた場合と、本業の場合は38万円以上の所得があれば、確定申告が必要になります。

「少額であれば無申告で良い」ということはではなく、たとえ小額であってもボーダーラインを超えると税金を納める必要があります。

 

人によっては税務調査されることもあり、そこで無申告のことが発覚することも十分に考えられますので注意が必要です。

特にYouTuberの場合は、自分の名前がネットを通して日本あるいは世界中に広まってしまいますので、注意を払わなくていけません。

基準を超えているのに確定申告しなかったとき、つまりは納税を納めないと、それだけで脱税になってしまいます。

実際に確定申告をしなければ、「延滞税」と「加算税」というペナルティが課せられます。

中でも延滞税は、確定申告の期限となっている3月15日までに納税しなかった場合に適用され、それぞれの日数に応じた利息に相当する延滞税が自動的に課されるのです。

ろっく
YouTuberは身元を明かしてなくても目立つ商売なので、すぐに税務署は追ってくると思いますよ~

 

副業YouTubeに関係して延滞税と加算税とは

延滞税は罰則的税金と言われることもあり、確定申告以外でもありますので注意が必要です。

2019年度分の所得についてはコロナウィルスの関係もあって、申告の提出期限は4月16日までに延長されました。

加算税は確定申告の期限までに必要とされる税金を納付しなかった場合に、元々収めるべき本税に加えて課されるもので、罰金的な性質を持っていると言えるでしょう。

 

加算税には「無申告加算税」、「過少申告加算税」、「不納付加算税」、「重加算税」という税金があります。

中でも無申告加算税は、期限後に自主的な申告した場合に本税5%が最も重い重加算税になると、最高で本税に加えて40%の税金が課せられることになります。

確定申告をしなければ、両方の税金がペナルティとして課せられるのです。

 

サラリーマンが副業でYouTuberとして稼いだお金は、確定申告をして税金を支払う必要があるのか紹介しました。

確定申告をするには基準があり、それを超えると年度末に申告して必要な税金を納めることになります。

申告の義務がある方が申告しないままでいると、延滞税や加算税が課されることがありますので注意してください。

YouTubeの始め方2020年版(完全ガイド)

続きを見る

サラリーマン副業YouTuberに顔出しは必要か?

続きを見る

-副業YouTuber
-,

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.