サラリーマン

40代で仕事をやめたいと思ったときに知っておくべきこと

2020年2月16日

ろっく
40代にもなるとこのまま仕事をつづけるのか悩みますよね~

そんな時に考えておくべきことを整理しました!

 

現在40代の方で、会社をこのまま続けるべきか悩んでいたり、すぐにでも仕事をやめたいと思っている方もいると思います。

そんなときには、意識をしておかなければならないこともあります。

40代で会社を続けていくことに疑問を感じるというのは、結構普通のことです。

年齢的に過去を振り返ることもあると思いますので、今のままで良いのか考え出すことになるのです。

人生の岐路に立たされたとき、このままではいけないと思い、仕事をやめたいと考えたらどうすればいいのかを紹介していきます。

 

仕事をやめたい理由を明確にする

40代の方の中で、今の会社を続けていくべきか悩んでいたり、やめたいと思っているときには、その理由をもう一度見直してみることから始めましょう。

人によってやめたいと思う理由は異なりますが、一般的に40代というのは職場での立場が確立されていき、昇進や昇格などの実態や先行きが見えてきてしまう時期でもあります。

そのため、このまま会社にいてもいいのか、と疑問に感じやすくなるケースが多くなるみたいです。

実際に脱サラをして、個人でお店を始める年代としては40代が多くなります。

 

40代で会社をやめたいと思ったときは、その後の選択として本当に転職を選ぶのがベストなのか、悩むこともあるでしょう。

そのまま転職活動を行う人もいるかもしれませんが、今の職場にい続けて、楽しさややりがいなどを再発見するのも良いのではないかと思います。

その点を、じっくり見極めてみることが大切です。

何もやりたいことがないのに、いきなり会社をやめて何の修行もせずに個人店を始めても、失敗するのは目に見えているでしょう。

大企業を早期退職後に起業した人が失敗する理由

続きを見る

 

仕事をやめるなら2つ以上の理由が必要

仕事をやめたい理由は人によって異なりますが、2つ以上の理由がある人もいるかもしれません。

人間が同じ仕事を続けることに否定的な気持ちになる理由としては、次の点を挙げることができます。

それが「仕事の内容」、「待遇面などの条件」、「職場の環境」、「家庭やプライベート」などです。

仕事をやめたいと思う理由は上記の4つに分類できますが、1つでもこの理由があるとすぐにやめると言えば、必ずしもそうとは限りません。

ほとんどの方が、これらの理由が出てきたとしても、仕事をやめずにそのまま我慢しながら続けています。

実際に人が仕事を「やめよう」と本気で思うときというのは、上記で挙げた理由が2つ以上重なったときが多いと言われています。

 

仕事や会社への不満を書き出してみる

中でも自分が最大の理由と感じている点が重要な項目になり、その中に退職したい本当の理由があるかもしれません。

同じ会社でキャリアを重ねてくると、そのうちにちょっとしたことで退職したいと思うのを恥ずかしいことと感じるようになります。

そのため無意識のうちに、その理由を心の内側に隠してしまうのです。

そんなときにおすすめしたいのが、現在の仕事や会社に対して不満に感じていることを、ノートなどに素直に書き出してみることです。

 

人によっては複数の理由が見つかるかもしれませんが、それはそれで構いません。

思っていることを漏れなく書き出してみると、仕事に対しての不満について、本音の部分が分かってくると思います。

これは他人に見せる必要がありませんので、思いのまま全部さらけ出すように書き出すことがポイントです。

その後に不満な点を解消する手段を考えてみると、転職をするべきか、そのまま会社に残った方がいいのか、自分にとって最も良い方法が見つかるのではないかと思います。

 

仕事をやめたいと思ったら何をしたいのかを考えてみる

人間は会社をやめたいと思っているとき、その多くはネガティブなことを考えていることが多いと言われています。

頭の中はネガティブなことでいっぱいになり、その中には、ほんの些細なこともあるかもしれません。

例えば「何もしたくない」、「上司や先輩の態度が気に入らない」、「いつも嫌なことばかり」など、一方的な考え方に偏りがちです。

そんなときには、これまでの考え方を一度リフレッシュすることが大切です。

つまりは「何がしたくないのか」ではなく、「何をしたいのか」を考えることです。

やりたくないことは、いつでも経っても状態は変わりませんが、仕事を通して何をやりたいのかを考えると、見える景色が変わってきます。

これをすることで退職したい、という気持ちがなくなるかもしれません。

 

仕事をやめたいと思ったら第三者に相談する

会社を退職したいと思っている人の中には、自分ひとりで悩みを抱えている方も少なくありません。

悩みはひとりだけで抱え込まずに、誰かに相談することが大切です。

転職の悩みというのは非常にデリケートなものでもあり、転職を考えていることを、職場の上司や同僚、部下などに話すわけにはいきません。

だからと言って仕事上の繋がりのない友人や知人などに相談したとしても、普段の仕事の内容が分からなければ、受け答えもできないと思います。

 

そのため信頼できるコンプライアンスを統括する会社の相談窓口や、労働局といった、第三者への相談をおすすめします。

このような場所は労働に関する専門家がいることもあり、仕事や人間関係の悩みなどにも的確に応じてくれると思います。

ひとりで悩んでいても、良い結論は出ることがないと思います。

40代で仕事をやめたいと思ったときは、第三者へ相談することで解決の糸口を見つけることができるでしょう。

転職エージェントに相談して、転職の可能性を先に確認しておくのも一つ手でしょう。

先が見えると、いろいろ動きやすくなると思います。

転職エージェントに相談してみる

 

40代で仕事をやめたいと思ったときに、知っておくべきことが分かることで、心が安らぐかと思います。

様々なことが挙げられますが、どれも大切なことばかりですので、しかりと確認をして自らの状態に合わせていきましょう。

今までとは違った考えを発見できるかもしれませんよ。

-サラリーマン

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.