リストラ

リストラされた40代が再就職できた理由とは?

2020年2月15日

企業の中には様々な施策を行っているところもあると思いますが、そのひとつとして挙げられるのが「リストラ」です。

業績を回復するための手段として人員整理を行われるのが、リストラです。

そのターゲットになりやすいと言われているのが、40代以降の働き盛りです。

この年代でリストラされると、再就職はかなり厳しいものになりますが、実際に再就職できた人がいるのも事実です。

リストラされた40代が再就職できた理由について紹介します。

 

40代がリストラされる理由

リストラされて再就職に望んでいる方も大勢いるかと思いますが、まずはどうしてリストラされるのか、その理由から知っておきましょう。

リストラされた理由が分かれば、改善策の糸口が見つかるかもしれませんよ。

 

◆給料が高い

企業は40代をリストラの対象にする理由は簡単な話しになり、結論として言えるのは給料が高いからです。

もちろん人によって貰える金額は異なりますが、その中には高給取りの方もいるのではないかと思います。

仕事の割に高い給料を貰っている方もいて、そういう人が真っ先にリストラの対象になることがあるようですね。

年功序列の制度が根強く残っている日本の大手企業の場合は、40代は若手の世代と比べて給料が高く、団塊ジュニア世代でもありますので人数が多いです。

そのため企業は、この世代の人件費を切り、大幅なコストダウンを図ろうとしているのです。

もっと上の世代の給料の方が高いかもしれませんが、その世代が人員削減を支持する立場ですので、自らの首を守ることを考えると致し方ないのかもしれませんね。

 

◆仕事への意欲が低い

もう一つの理由としては、仕事への意欲の低さが挙げられます。

特に45歳以上の成熟された年代になると、ひとつの会社に長く勤務することを美徳としている世代が多くなります。

これといった上昇思考の意識などはなく、ただなんとなく会社に来て仕事をこなしているような人が多くなってくると思います。

一方で、これから企業の構造改革を実施しようと試みている企業にとって伸びしろがなく、若い世代よりも柔軟性にも欠けている40代になると、とても扱いにくい人材として見られます。

そのため新卒採用や若くて即戦力のある中途採用を増加させて、会社内に新しい風を取り入れようとするのです。

黒字リストラの対象になる人の特徴

続きを見る

 

再就職では給料にこだわらない

リストラされる理由というものにもいくつもの理由がありますが、それが分かれば対策を立てやすいのではないかと思います。

リストラ対象になる方は給料が高いことが何よりもの理由として挙げられます。

次回就職する企業は給料に対して、あまりこだわらないことが成功の秘訣と言えるかもしれません。

リストラされたのが大手企業の場合は、次回も同じレベルの会社にしか就職しない、と意固地になる人もいます。

これはプライドの問題ですが、そのような意味のないプライドがあると、再就職の邪魔をすることもあるのです。

 

再就職を成功させたいのであれば給料にこだわらないことが大事になり、実際にそうすることを選んで成功した人も大勢います。

新卒と比べて40代以上の再就職は簡単ではありませんので、活動するときには計画を立てて行うことが大切です。

これまで何度となく再就職に失敗している方は、今までの活動内容を振り返ってみた方がいいと思います。

以前の会社と同じレベルのところを探していたり、同程度の給料を貰える会社を検索していたりしていた方は、プライドを捨てて取り組むことが何よりも大切ですよ。

 

再就職では意欲を持てる職種を選ぶ

リストラ対象にされやすい40代としては意欲の無さが挙げられますが、そんな方は結構いるのではないかと思います。

そんな人が、これまでと同じような会社に就職してしまうと、またすぐに意欲を失うことになるでしょう。

そうすると、ようやく再就職できた会社で、またリストラの対象にされてしまうかもしれません。

再就職するときには、定年まで楽しく働ける会社を見つけるために、これまでとは異なる環境に身を置いてみる勇気を持つことが求められます。

それが再就職を成功へと導ける秘訣と言えるでしょう。

実際に再就職を成功させている人は、新たな職種というケースを選んでいる人も少なくありません。

 

なりふり構わず応募し続ける

40代でリストラされて成功した人の中には、なりふり構わず会社に応募し続けた方もいるでしょう。

40代以上になると再就職は容易くはありませんので、長期戦を覚悟しての対策が必要です。

当然ですが、年齢が高くなればなるほど求人数そのものが少なくなります。

そのため年齢が高くなるほど、再就職のための活動期間も長く掛かることになってしまうのです。

個人差はありますが、6ヶ月以内に再就職できている人も結構いると思いますが、中には2年以上かかる人も少なくないようです。

 

以前の会社の同僚を始め、友人や知人など、仕事を紹介してもらえるような人がいないときには、やはり長期戦を覚悟して、気になる求人になりふり構わず応募し続けることが大事と言えるでしょう。

もちろん給料へのこだわりを捨てることや、意欲を持つということも忘れてはいけません。

どんなに落とされても焦ることはなく、それが当然だと思って、様々な職種に応募をしてチャンスを増やしていきましょう。

それが再就職で上手くいく秘訣と言えると思います。

 

リストラされた40代が再就職できた理由について紹介しましたが、リストラはいつ自分の身に降りかかってくるか分かりません。

現在40代以上の方で、リストラが気になっているときには、早めに対策を講じるようにしましょう。

転職エージェントや求職サイトにアクセスをして、登録しておくことも忘れてはいけませんよ。

転職エージェントに登録する(無料)

40代でリストラされたら転職は悲惨!事前の対応策3つ

続きを見る

-リストラ
-, ,

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.