セミリタイア

セミリタイアするには必要資産や貯金はいくら必要?

セミリタイアしたいけど資金面が不安

セミリタイアするにはどれくらい資金が必要なの?

など、色々と悩みを抱えている人も多いのではないかと思います。

セミリタイアはとても魅力的な生活ですが、重要と言えるのが資金面です。

セミリタイアするために資産や貯金はいくらくらいが必要なのか、年代別に知っておきましょう。

 

30代でセミリタイアする場合

セミリタイアする年代にも色々ありますが、30代という若い時期にセミリタイアをして、悠々自適な生活をしたいという人もいるようです。

仮に30代でリタイアをする場合には、その後の生活のこともしっかり考慮しておく必要があります。

何故かと言えば、40代や50代と比べて、リタイア後の生活が長いからです。

年金をもらえる65歳まで30年くらいありますので、それまでの生活費をしっかり確保することが大切です。

年金は現在では65歳からの支給になっていますが、将来的にはもっと上がっていくかもしれません。

 

30代の方は、その辺りの事情についてもしっかり受けとめておく必要があります。

30代でセミリタイアした場合に必要になる資金としては、各自の生活や資産運用、資金繰りなどによって様々ですが、大体1,500~3,000万円の貯金があれば大丈夫、と言われています。

何故なら、手元にある資金を使って資産運用などをすれば、生活費を賄うことができるからです。

そのため、まずは自分自身の生活費をしっかりと見直すことが大事になり、自らが毎月いくらくらいあれば普通の生活を送れるのかなどを、しっかりと把握しておきましょう。

 

30代の資産形成方法

30代の平均年収は、450~500万円程度と言われており、その手取りは350~390万円程度になります。

その場合は1年間の生活費を100万円程度に抑えることができれば、毎年280万円前後の貯金が可能になります。

その結果、6~8年間で1,500~2,000万程度の貯金ができるでしょう。

これを資金にして、新たな資産運用をしてみるのもいいと思います。

草食系投資のすすめ(初心者向け)

続きを見る

 

40代でセミリタイアする場合

40代というと、30代のときと比べて体力的にも仕事がきつくなってくる人も多いのではないかと思います。

それで今のうちになんとかセミリタイアできないか、できるならその方法はないかなど、色々と考えている人もいるでしょう。

当然ですが、40代の方もセミリタイアするためには、ある程度の資金が必要になります。

30代と比べると年金受給までの期間は短くなりますが、それでも25年くらいはありますので、早いうちから資産形成を行うことが大切です。

 

実際に必要とされる資金や貯金ですが、特に40代の場合は、家庭を持っている人や色々と支払いが多い方もいると思います。

40代でのセミリタイアを考える場合に必要とされる資金や貯金は、30代の人と同じくらいの額が欲しいところです。

例えば、40代の方でセミリタイア後に質素な生活が可能であれは、10~12万円程度で1ヶ月を過ごすことも可能かもしれません。

 

その場合は1年間で144万円くらいが必要になり、その他雑費などを含めると、1年間に大体180万円くらいは掛かることになります。

そのため、やはり3,000万円前後はあった方が余裕を持てるでしょう。

もちろん多ければ多いほど良いため、リタイアする前にガッツリ貯めておくことが必要になります。

4,000万円、5,000万円、それ以上に6,000万円や1億円など、可能であればしっかり貯金しておきましょう。

40歳でセミリタイアする方法

続きを見る

 

40代の資産形成の方法

40代でセミリタイアをするときには、3000万くらいの資金が必要ですが、例えば5,000万円を定期預金として30歳から貯め始めると、20年間で200万円の貯金が貯まる可能性があります。

 

その他、リタイア後にFXや不動産投資を行うという資産形成の方法も考えられます。

自分に合った方法を選ぶようにしてください。

40歳でセミリタイアに失敗!失敗した理由とは?

続きを見る

 

50代でセミリタイアする場合

50代にもなると、会社によっては多くの若手が台頭し、自らも役職などから外れて、仕事に対するモチベーションが薄れてくる頃でもあります。

特に今まで仕事人間として頑張ってきた人ほど、大切な仕事がなくなると一気に冷めてしまうことも少なくないようです。

そこで出てくるのが、セミリタイアになります。

 

50代でセミリタイアする場合に必要になる資金や貯金ですが、まずは60歳の定年後に必要な貯金は3,000万円程度だと言われています。

しかし、これは人によって異なります。

ある程度の退職金が期待できれば、2,000~3,000万円を見ておけばいいと思います

生活費について、特に贅沢をしなければ10万円程度でも十分でしょう。

ただ家庭持ちの方は20~30万くらいは掛かりますので、もう少し貯めておいた方が安心できます。

 

セミリタイアするときには、いくらの資金が必要なのか年代別に異なります。

リタイアするには、当然ある程度の資金が必要になりますので、早い時期から用意しておくことが求められます。

若い世代は十分な貯金がないと思いますので、その分は資産形成で増やしていくといった工夫も必要です。

-セミリタイア
-,

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.