副業YouTuber

YouTube動画編集で副業の始め方

副業YouTubeとして活躍している人もいれば、これからスタートする人もいるかもしれません。

YouTuberとして活躍するためには、多くの視聴者がアクセスしてくれる動画を制作する必要があります

そのために重要なことは動画編集ですが、そのYouTube動画編集の副業の始め方について紹介していきます。

 

YouTubeの動画編集の始め方

動画編集の副業を始める前に、まずは自分で動画編集をしてみましょう!

まずは、ある程度の編集スキルを身につけないと、動画編集のお仕事を獲得することは難しいでしょう。

 

YouTubeにアクセスをして動画を見ると分かりますが、そこには数多くの動画が登録されています。

様々な種類やカテゴリの動画が存在していますが、YouTubeで見ることができる動画は、YouTuberと呼ばれる人たちが投稿しており、数々の作品を見ることができます。

YouTubeの動画投稿者は、撮影から編集までの全ての過程を自分だけで行うこともあれば、動画編集については専門の業者に依頼する人もいるようです。

実際の編集の仕方には様々な方法が存在しますが、初心者の方はスマホを利用してみるのも良いでしょう。

特に最近のスマホには機能が高いものが多いことから、YouTubeの動画編集にも役立つことだと思われます。

 

まずは、動画編集がどんなものなのかスマホアプリでもいいので、試しに自分で動画を撮って動画編集をしてみましょう

もちろんスマホアプリだと高度な編集をするには限界もありますが、スマホは持ち運びに便利ですので、職場や外出先などの空き時間で動画編集をやってみることをおすすめします。

 

ただスマホアプリなどを利用した動画編集では、どうしても編集の中で簡単な機能だけに限られてしまいますので、副業で動画編集をやる場合はパソコンは必須となります。

 

YouTube動画の編集方法

これから副業YouTubeを考えている方もいるかと思いますが、YouTube動画を制作して稼ぐためには、動画の質を良くすることが大切です。

面倒だからと適当に制作してしまうと、視聴者からのアクセスは期待できなくなります。

そのために必要なのが編集になり、まずは動画編集のコツをしっかり掴むところから始めてください。

YouTube動画を作成して、実際に投稿するまでの基本的な作業は、以下のような感じになります。

動画編集で必要な工程は以下のとおりです。

動画編集の工程

  • 動画撮影
  • 動画の取り込み
  • 動画素材の整理
  • 不要部分のカット
  • テロップの挿入
  • BGMや効果音の挿入
  • オープニングやエンディングの設定
  • YouTubeサイトへの投稿

この中でも大切な作業はカットとテロップづけになり、人気YouTuberなどが制作した動画は、視聴者に飽きさせないような工夫が随所に施されています。

 

その工夫のひとつが動画のカットです。

せっかくアクセスしていただいた視聴者に楽しんでもらえなければ、YouTubeチャンネルの登録はもちろん、その後のアクセスも期待できないでしょう。

 

特に動画制作を始めたばかりの初心者は、意外に無駄な場面も多く残してしまいがちです。

YouTube動画そのものは、スマホなどで視聴されることも少なくはなく、ライバルが多いYouTube動画は特に注意が必要です。

「如何に視聴者を飽きさせないか」が大切であり、そのために不要な部分はカットする必要があります。

無断な部分はしっかりカットをして、テンポの良い動画に仕上げるようにしましょう。

 

YouTube動画の主流はジャンプカット

多くのYouTuberが編集の際いやっていることは、ジャンプカット(ジェットカット)です。

「えー」「あのー」

とかの、不要な部分を削除するだけでなく、

言葉と言葉の間を極限までカットすることをジャンプカットと言います。

息継ぎも可カット対象となります。

自然の会話ではありえないスピードになるのですが、YouTube動画ではこれが標準になりつつあります。

 

 

YouTube動画編集に最適な無料ソフト

本格的に動画編集を始める場合は、パソコンソフトは必須となります。

動画編集を副業にする場合は、一番のおススメは「Adobe Premiere Pro」です。

基本的にはこれ一択だと思います。

その理由は以下です。

Adobe Premiere Proおすすめの理由

  • 動画編集者の大半が使っているソフトであるため、WebやYouTubeに教材が無料でたくさんある
  • 発注者や動画編集者の間で会話をする際に、使っているソフトが同じだとコミュニケーションがスムーズになる
  • 複数の動画編集者で共同作業するときに、同じソフトでやりとりすることが多い

ただ、「Adobe Premiere Pro」の難点は、高価であるということです。

「Adobe Premiere Pro」は買い切りのソフトではなく、月額課金のソフトなんです。

月額2000円~3000円は最低でも必要になります。

 

いきなりそこまでお金を払うのは厳しい!

まだ副業で動画編集としてやっていけるかわからない!

という方もいると思います。

 

その場合は、無料の動画編集ソフトや安価の動画編集ソフトを使って、簡易な動画編集案件をこなしていくのもひとつでしょう。

 

その他のおすすめ動画編集ソフト

  • iMovie(Macのみ)【無料】
  • Final Cut Pro X(Macのみ)【36,800円】
  • Filmora9【8,980円】

 

動画編集案件の受注のしかた

動画編集案件のお仕事を探す方法は、様々なルートであります。

主流なのは、クラウドソーシングサービスでの応募Twitter等での直接営業などです。

まだ、経験が浅い場合はクラウドソーシングサービスを活用することをおすすめします。

 

ただ、クラウドソーシングサービスを経由して仕事を受注すると、受注額の約20%程度の手数料として取られてしまうので、収入が減ってしまうのがデメリットです。

なので、動画編集スキルが向上して、実績もつまれていった際には、Twitter等でYouTuber等に直接営業をして高単価な案件をとりにくのも良いと思います。

 

まずは、副業で動画編集を始める場合はクラウドソーシングサイトに登録して、案件受注をしてみることをおすすめします。

クラウドソーシングサービスに登録する(無料)

案件受注時の注意点

  • 案件単価は1本1000円以下では受注しない
    初めは低単価な案件は仕方がないですが、それでも1000円は異常に安いです。
    実績があれば、10分動画で5000円~1万円で受注できるようになります。
  • 案件応募する際には、自分で編集した動画を実績として提示する

 

-副業YouTuber

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.