副業YouTuber

YouTube副業は儲かるのか?収益はどれくらいか?

サラリーマンYouTuberなど、中には本業の合間に手軽にできる副業を探している方もいるかと思われます。

数多く存在する副業の中でも、人気がある副業のひとつがYouTube動画であり、実際に稼いでいる人も少なくありません

YouTubeの副業は人気を呼んでいますが、実際に儲けることができるのか、収益はどれくらいなのかなど、興味深い点がたくさんあると思います。

 

YouTubeの収益はどれくらいなのか

副業としてYouTubeに興味がある、あるいはこれからやってみようと思っている人たちにとって気になるのが、実際に稼ぐことができる収入についてではないでしょうか。

人気YouTuberの中には、かなりの額を稼いでいる人がいるようですが、これから始めようかという初心者は、本当に稼げるのか不安に感じている人も少なくないと思います。

その参考になるのが人気YouTuberであり、Youtuberの年収の推定を行っている「TuberTown」のデータによると、日本で活躍しているトップユーチューバーたち100人の平均年収は約3,200万円ということでした。

 

あくまでも平均ですので、これ以上の額を稼いでいる人もいるそうです。

子供たちがなりたい職業ランキングの中では、YouTuberという職業がランキングの上位にランクインすることもあり、人気の高さを知ることができます。

YouTubeを楽しんでいる人にとっては知られていることですが、日本のトップYouTuberとして高い人気を誇っている人に「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」、「フィッシャーズ」などがいますが、彼らはかなりの額を稼いでいるみたいです。

人気ランキング上位の人たちを見ると、HIKAKINさんは、平均月収が約2,000万円前後と言われていますので、年収換算にすると約2億円前後になります。

 

はじめしゃちょーさんの場合は、月収が約4,000万円と言われていますので、最大の年収は約5億円にもなります。

ただ、このデータはそれぞれの再生回数に応じた広告収入だけで計算していますので、実際の広告収益はかなりの額になってきます。

何故なら、彼らの収益のメインは企業と提携して得られる広告収入だからです。

そのため彼らの実際の年収は、計り知れない額だと予想されます。

ろっく
トップYouTuberたちは年収数億円はあたりまえの世界ですね~

 

YouTubeでは、かなりの額を稼ぐことができますので夢があり、期待していいかと思います。

ただ初心者の方は、最初の頃は大変かもしれませんので、たとえ収入がなくても諦めずに続けることが大切です。

 

YouTube動画の単価の相場

副業YouTuberとして活躍するためには、動画で得られる相場を把握しておくことも大切です。

広告単価を知ることで、どれくらいの額を稼ぐことができるのか、大体の金額を試算できるのではないかと思います。

広告単価というのは、そのときの時期によっても変わるのが特徴になり、単価が低くなることも想定しておかなければいけません。

例えば、これまで1日に20万回ほどの再生で1万円を稼いでいたものが、広告単価が下がると1日に約20万回の再生がなければ、同じ1万円を稼げないことになります。

YouTuberの単価の相場ですが、一般的によく知られているのは「1再生あたり0.1円という基準ではないでしょうか。

 

1再生あたり0.1円の単価であれば、仮に1,000回再生されれば100円、1万回であれば1,000円、10万回再生されれば10,000円の報酬になります。

YouTubeでは、動画の長さや再生回数による報酬額の公開は規約で禁止されており、公開してしまうと違反になります。

 

そのため正確なことは言えませんが、0.1円というものもあれば、0.2円0.5円など動画内容やジャンルによって変わってくるのが実態です。

傾向としては、大人が視聴者層になっている動画は単価が高いです

なぜならば、企業側が広告を出す価値のある(広告をみてお金をだす可能性がある)視聴者層だからですね。

 

さらに、このYouTubeの広告単価は常に一定の額で推移しているわけではなく、動画を見られる時期や季節などによって変動するのが、大きな特徴でもあるのです。

特に、12月や3月は多くの企業が広告をだすので、広告単価もあがる傾向です。

ろっく
ジャンルと時期によっては、1再生1円を超えることもありますよ~

 

単価そのものは1円に満たないような小さい額ではありますが、動画再生回数によってはかなり大きなものになってきますので、しっかり見ておく必要があります。

 

副業YouTuberでも月に30万円くらい可能

副業でYouTubeをやる場合、さすがにいまからトップYouTuberたちに追いつくことは不可能です。

でも月に10万円~30万円程度であれば、副業でも可能なレベルです。

たとえば、広告単価が1再生あたり0.5円くらいのジャンルであれば、60万再生/月、

広告単価が0.2円くらいであれば、150万再生/月で月収30万円を達成可能になります。

1日あたり、2万回~5万回再生のチャンネルができれば達成可能ですね。

メモ

  • 広告単価が0.5円/再生の場合
    月間60再生(1日2万回)×0.5円=30万円
  • 広告単価が0.2円/再生の場合
    月間150再生(1日5万回)×0.2円=30万円
ろっく
ちょっとバズるだけで1日10万再生くらいはいっちゃいますね~

 

YouTube動画で再生回数を増やすにはジャンルを絞る

副業YouTuberとして稼ぐためには、投稿する動画の内容にも注意を払う必要があります。

動画の内容によって、再生回数が変わってくることが多いからです。

実際に投稿されている動画のジャンルは様々で、その中にはかなりの再生回数をカウントしているものも少なくありません。

 

副業YouTuberとして稼ぐためには、どのジャンルが人気なのか知っておくことも大切です。

多くの視聴者から見られている目を惹くような動画としては、「企画・ネタ系」、「ペット系」、「ゲーム・実況系」などがあります。

動画の選択に迷っている方は、その中から選んでみるのもおすすめです。

 

副業YouTubeの実態について紹介しました。

YouTubeの収益がどれくらいなのか色々と心配な点はあると思いますが、実際に稼いでいる人はたくさんいます。

副業YouTuberでも十分に稼ぐことができますので、まずはチャレンジしてみることをおすすめします。

 

YouTubeの始め方2020年版(完全ガイド)

続きを見る

サラリーマン副業YouTuberに顔出しは必要か?

続きを見る

-副業YouTuber
-,

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.