リストラ

40代でリストラされた人のその後の人生は?

2020年2月7日

ろっく
40代でリストラされたらその後の人生はどうすればいいのか?その悩みの解決策を解説いたします

40代になると、つねにリストラの恐怖におびえながら仕事をすすめなければいけない世の中になってしまいました。

「もし、リストラされたらその後の人生はどうすればいいのか?」

そんな不安を抱えていると思います。

その後の人生をどうすればよいのかあらかじめ知っておくことで、今からやるべきことが見えてきます。

この記事では、40代でリストラされたときのその後の人生について解説いたします。

 

40代はリストラ対象になりやすい?

会社の経営が悪化してくると、経営者は会社を存続させるためにリストラを実行することがあります。

特に大手企業の場合には、無駄に人を雇い過ぎている傾向があるため、経営の悪化が続くとリストラを実行する確率が高くなるわけです。

リストラをされる人の年齢はいろいろありますが、若い人はあまり対象になりません。

なぜかといえば、もらっている給料が低いからです。

それよりも人件費が高くなりがちな40代以降の社員を対象にリストラを実行していくでしょう。

黒字リストラの対象になる人の特徴

続きを見る

 

40代でリストラときにその後の人生は?

40代といえば、結婚している人ならばすでに子供がいる可能性も高く、お金のかかる時期に差し掛かっているかもしれません。

この時に会社からリストラをされた場合には、その後どのように生活をしたらよいでしょうか。

実はその後の人生を考える時、何を選ぶかによって人生が変わってきます。

あまり悲観的に考えずに、ある程度楽観的に考えることも必要になります。

大企業をリストラされた人の末路が悲惨な人と明るい人の違いとは?

続きを見る

 

その後の人生として転職を考える

まずいくつかの可能性を見ていくと、一つは転職をする方法です。

転職をする場合には、給料が上がる人もいますが、それは能力があるごく一部の人だけになるはずです。

多くの場合は、今まで勤めていた会社に比べると給料は下がり、条件が悪くなる可能性は十分にあります

仮に給料が同じだとしても、毎日の労働時間が今までよりも長くなることも考えられます。

あるいは環境が悪く、精神的なストレスを抱えてしまう職場かもしれません。

いずれにしても40歳を過ぎてから転職をして成功することはあまりないといってよいです。

もしそれでも会社に勤めることが安定と考えるならば、転職でもよいでしょう。

 

あらかじめ転職活動をしておく

40代で転職というのは世間的にもかなり厳しい状況です。

これから、さらに40代転職は厳しくなっていくでしょう。

40代でリストラされたら転職は悲惨!事前の対応策3つ

続きを見る

いきなりリストラされて、転職活動してもすぐに仕事が決まるかどうかわからないです。

なので、働きながら転職活動をしておくことをおすすめします。

なぜならば、転職活動をやっておくことで、自分の市場価値、即戦力がなにかを考えるきっかけとなるからです。

事前に転職活動するとわかること

  • 自分の市場価値がわかる
  • 自分が即戦力としてなにが活用できるかがわかる

これがあらかじめわかっていると、いざ転職活動をするときに効率的に活動をすることができるようになります。

転職アドバイザーに相談してみる(無料)

 

その後の人生として起業をする

転職以外に考えられる方法は、アルバイトやパートをしながら自分でビジネスを立ち上げる方法です。

まだインターネットがなかった一昔前ならば、ビジネスを立ち上げるといえばかなりお金を蓄えなければできませんでした。

あるいは7ケタ以上のお金を人から借りて、ビジネスを立ち上げる方法が一般的だったわけです。

ある程度お金をためており技術的にも能力的にも自信があれば、たくさんのお金を借りてもよいかもしれません。

ですが基本的に会社を辞めなければならなかった状況の人は、どこかで自信をなくしているはずです。

そのような人がたくさんのお金を借りてもうまくいくとは限らないでしょう。

 

起業のための資金は必要ない

ですが最近は、ビジネスを立ち上げる場合にそこまでお金がかかりません。

この点に注目をして新しいビジネスをスタートさせて、会社員だった頃と同じぐらいかそれ以上の収入を得ることに力を入れていきましょう。

 

起業してもすぐにはお金にならない

ただし突然一つのビジネスだけに力を入れても、すぐお金にならないことがほとんどです。

中にはすぐにお金になるビジネスもあるかもしれませんが、一時だけお金を得ることができても長期的に考えると赤字になる可能性も高いです。

それならばアルバイトやパートをしてお金を稼ぎながら、少しずつ自分が立ち上げたビジネスに時間とお金を供給していく必要があります。

 

自分の得意なものを見極める

ビジネスをするといっても様々な方法がありますが、まずは自分が得意なものを見極めることが重要になります。

多くの人は、自分の苦手なものをよく理解していても、得意なものが何であるかを知りません。

なぜなら、ほとんどの人は学校教育の中で「苦手なものを克服すること」に力を入れてきたからです。

逆に「得意なことを伸ばす教育」は受けてきていません。

そのような教育の影響により、自分の得意なものや能力のあるものが何なのかを認識していない人がほとんどです。

ですが必ず人間には二つから三つは、人よりも能力の高いジャンルを持っています。

その分野に時間とお金をかけていけば、成功する可能性が高くなるでしょう。

 

 

好きなことを仕事にする

もう一つは好きなことを仕事にする方法があります。

多くの人は、会社員時代にやりたくもない仕事をお金と生活のためにやってきたはずです。

ところが最近は、時代が変わってきており好きなことをしてお金を稼ぐ時代になりつつあります。

将来的なことを言えばAIとロボットが、人々の今までやって来た仕事を担う時代は必ずやってきます。

AIとロボットは人間がやりたくない仕事を積極的にやってくれるでしょう。

 

やりたくない仕事はAIがやる?

人間の多くは、いやな仕事から解放されることが予想できます。

この時人間に残されたお金を稼ぐ道は、趣味性の高い好きなことでお金を稼ぐ方法になります。

なぜなら、趣味性の高い仕事はAIやロボットの苦手分野だからです。

 

リストラはその後の人生にとってチャンス!

そうだとすれば、リストラされたのを契機に悲観的に考えるのではなく、楽しい将来が待っていると考えて、楽しいビジネスを行っていくことが大事になります。

ただし自分でビジネスを立ち上げる場合は、会社員の頃と異なり「黙っていても給料が入ってくる」状態にはなりません。

試行錯誤をしながら自分なりの稼ぐ方法を見付けていくべきです。

そのためには何度も失敗をしなければいけません。

この点を理解することができれば、会社から離れたとしても、十分にお金を稼ぐことができます。

もう一度子供のころに戻ったように、いろいろなことに挑戦してみましょう。

 

好きなことをしながら稼ぐ方法

今の好きなことで稼ぐの代表格は、やはりYouTubeです。
40代にもなってYouTubeやるとか考えられない人も多いと思いますが、
いまYouTubeは急速に大人人口が増えています。

ですが、まだ大人向けのチャンネルは少ない状況です。
いまのうちにYouTubeを初めておくのも好きなことで稼ぐ一歩になるかもしれません。

-リストラ
-,

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.