リストラ

大企業をリストラされた人がその後の転職活動で陥るワナとは?

様々な理由でリストラされる人もいると思いますが、その後の転職活動にも注意が必要です。

特に大企業をリストラされた人は、その後の転職で失敗することが多いので、該当される方は意識しておきましょう。

大企業をリストラされた方が陥るワナについて紹介しますので、気になる方は確認しておくことをおすすめします。

 

大企業に勤めていたという自惚れ

大企業に長年勤務をしていても業績の悪化などの理由により、ある日突然リストラの対象にされることがあります。

それは仕方ないことかもしれませんが、問題はその後の再就職活動ではないかと思います。

再就職活動が上手くいけばいいのですが、中には失敗する人も少なくありません。

何十通、何百通と応募をしても、全て不採用に終わる人もいるからです。

中小企業はもちろん、特に大企業に勤めていた人の中には、再就職活動に失敗する方が多いと言われていますが、そこには大企業をリストラされた方が陥るワナと言えるものがあるようです。

様々な理由がありますが、そのひとつが「自惚れ」になり、大企業に勤務していたというプライドが大きく影響することがあります。

 

以前にいた会社と比べてしまう

せっかく自分に合った再就職先を紹介してもらっても、「給料が低い」、「待遇が悪い」、「前の会社と比べて規模が小さい」、「人が少ないので大変」など、以前勤めていた会社と比べてしまい、それよりも条件が悪いと見向きもしなくなってしまうのです。

これは単なる自惚れであり、「私は大企業で働いていたんだ、凄いだろう」、「もっと高給取りになって以前の同僚をギャフンと言わせたい」など、いつまでも自分が他人よりも優れているという夢を見続けている状態にあります。

気持ちは分かりますが、その状態を続けていると、せっかくのチャンスを不意にしてしまう恐れがあるでしょう。

これが大企業をリストラされた方が陥るワナのひとつであり、いつまでも負の連鎖が続いてしまうことになり、結局は再就職できないままで終わってしまうのです。

 

これまでのプライドを捨てる

このような不毛なことを続けていても、意味がないことが理解できると思います。

既にリストラされているのですから、これまでのプライドを捨てて、もっと貪欲になってみることが大切です。

貪欲になれば、周囲に対する見方も変わりますし、これまで興味のなかったことにもチャレンジできるようになるかもしれません。

実際に大企業をリストラされても再就職に成功する人というのは、自分が大企業にいたという自惚れを完全に捨てて、これまでと異なる業種に飛び込んでいます。

 

腹をくくって挑戦する!

大企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業など、とにかくあらゆるところに挑戦していくことが重要です。

いつまでもリストラされた当時と同じような気持ちでは、せっかく良い案件があったとしても、再就職できないままの状態が続いてしまいます。

リストラされた後、しばらくは気落ちする期間もあるかもしれませんが、そこは発想の転換が必要です。

「これ以上は失うものは何もない」と腹をくくり、様々な分野に挑戦してみることが、今は何よりも大切です。

 

大企業にいたという実績にすがる

大企業をリストラされた方が陥るワナとしては、「実績」の面もあります。

企業をリストラされた後に再就職活動をするためには、これまでの実績が求められることがあるからです。

「今まで何をしてきたのか」、「以前の会社で身につけた実績をどう活かしたいのか」など、面接の席で問われることもあるでしょう。

 

求人に応募するときは、履歴書に同じように実績や資格を記入すると思いますが、そのときに「大企業にいた」という実績だけに頼ってはいないでしょうか。

確かに大企業にいた実績ということは大切ですが、再就職先では大企業に「いた」という記録だけではなく、目に見える実績が求められるからです。

何か資格があれば良いですが、特にない方は何をやってきたのかという部分をしっかりアピールすることを心掛けましょう。

 

大企業と中小企業の仕事量の違い

大企業と中小企業それぞれに特徴がありますが、大企業をリストラされた人の中には、仕事の量の多さに悩む人もいるようです。

当然ですが大企業と中小企業は圧倒的に人数が異なることから、ひとりひとりに割り当てられる作業量も変わってきます。

従業員の数が異なるため、ひとりの従業員がこなせる仕事の量にも必然的に差が出てしまうことになります。

「中小企業に就職したら今より仕事の量が増えるのではないか」と思い、せっかく良いところがあってもなかなか踏み出す勇気がなく、断ってしまうこともあるでしょう。

年収については大企業の方が上回っているところも少なくはなく、大企業から中小企業への再就職に成功した人の中には、年収が下がり業務量は倍になったという人もいるようです。

必ずそうなるとは限りませんが、これも大企業をリストラされた方が陥るワナのひとつになり得るでしょう。

大企業をリストラされた方は、中小企業の規模や仕事についての理解が必要です。

これまでと異なる職種になるのですから、気にしすぎてはいけないのです。

 

大企業をリストラされた人たちが再就職ができない理由と言えるワナにも、いくつか存在します。

該当される人の中で、自分にも当てはまるという人は、悪い点を早く改善させる必要があります。

既にリストラされているのですから、以前の会社のプライドは早く捨て去り、自分に合った就職先を探すことが大切です。

大企業をリストラされた人の再就職が悲惨である理由とは?

続きを見る

黒字リストラの対象になる人の特徴

続きを見る

-リストラ
-,

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.