リストラ

大企業をリストラされた人の再就職が悲惨である理由とは?

2020年2月15日

ネットを使って「大企業 リストラ」、「リストラ」といったキーワードで検索すると、「リストラ後の再就職は難しい」、「一度大企業をリストラされると再就職は悲惨」など、どちらかというとネガティブな文字や記事が目に飛び込んでくるのではないかと思います。

それだけ、大企業をリストラされた後の再就職は難しいのです。

では、何故再就職が難しいのか、その理由を考えてみたいと思います。

 

大企業にいた時のプライドを捨てることができない

周りが羨むような大企業に就職できた時は、どのような気持ちになるでしょうか。

「とても嬉しい」、「友達に自慢したい」、「一生安泰」など、
それぞれ思いはあると思いますが、嬉しいという気持ちは誰もが同じでしょう。

同時に「大企業に入社することができた」という、プライドに近い自信を持つことになるのではないかと思います。

そんな方が突然リストラされた時には、どんな状態に陥るのでしょう?

 

自身がリストラされたことを素直に受け入れることができればいいですが、そうは問屋が卸しません。

そこに降りかかってくるのがプライドになり、その中でも特に世界的にも有名な大企業に在籍していた人ほど、プライドが強く作用することが多いようです。

「自分は、あの会社の社員だった」、「あの会社以下のところには絶対就職しない」、「次も同じようなレベルの企業でなければ働く気がしない」など、プライドが邪魔してしまい、せっかくの再就職口を不意にしてしまうこともあるのです。

 

大企業をリストラされた事実を受け入れる

これまで大企業に在籍していた、というプライドを消すことができず、再就職の足を引っ張られてしまうということはよくある話です。

並み居るようなライバルたちを押しのけ、誰もが羨むような大企業に入社したことは確かに凄いことであり、素晴らしいことでもあります。

 

しかし今の状況を、しっかりと認識することが大切です。

今はもう大企業をリストラされ、そこにいないのは事実だからです。

大企業で活躍していたのはあくまでも過去のことですので、現状をもっと見るようにしてください。

 

今すぐにプライドを捨てる必要があり、そうしなければ次へのステップを踏むことは難しいと言っていいでしょう。

大企業にいたというプライドがしっかり残っている人ほど、そのプライドを維持するために、リストラされた大企業と同じようなレベル、あるいはそれ以上のレベルの企業に就職して、皆を見返してやろうと考える人も少なくはなく、結局は再就職に失敗してしまうのです。

これが「大企業をリストラされた人の再就職が悲惨である」という、理由のひとつです。

 

大企業という職歴以外の資格がない

大企業をリストラされた人の中には、次の就職先がなかなか見つからない人も少なくありませんが、その理由のふたつ目と言えるのが資格の問題が挙げられます。

現在、手元に何らかの資格はあるでしょうか?

意外にも、運転免許証しか持っていないという方も多いかと思います。

 

確かに運転免許証は大切な資格のひとつですが、それは持っていて当たり前という風潮もあります。

スタッフを採用する企業側も、就職をする際に最低限、運転免許証は持っているだろう、と思って募集しているところも多いのではないかと思われます。

 

ここで大切なのは運転免許証以外、もっと言えば職歴以外の資格のことを指しています。

大企業に在籍すると、自己研鑚を磨くための研修を受けたり、仕事に活用できる資格を取得したりする人もいれば、大企業に入社できたことに安心して、その後の自己研鑚をしない人もいます。

自己研鑽は人それぞれですが、将来は何が起こるのかは誰にも分からないのです。

リストラされた後の再就職に難航している人は、後者の自己研鑽をしなかった人に多く見られます。

もちろん大企業に就職する際にアピールした資格も大事ですが、大企業に入って何をしてきたのか、それを判断するために取得した資格がなければ、在職中に何もしてこなかったと思われてしまうこともあるのです。

そのため余計に、再就職が遠のいてしまいます。

 

リストラという失敗から学ぶことができない方

大企業をリストラされた後、一回だけで再就職の活動が成功する方は、ほんの一握りしかいません。

ほとんどの人が複数の企業を受けては失敗をすることを繰り返しているのです。

 

その理由が、「失敗から学ぶことができない」ことにあります。

大切なことは、リストラされたという失敗の経験、あるいは再就職活動に失敗した経験から何を学ぶことができるかです。

再就職活動を行う際には、自分の何が悪いのかをきちんと把握して、その上で計画を立てることが重要になります。

良くなかった点を改善していくこと、つまりはPDCAを誰に指示されることなく、自ら実行できるかに掛かっているのです。

 

大企業をリストラされた人たちの再就職が悲惨な理由について紹介しました。

色々と理由はありますが、いずれにしても早めにその理由を見つけて、改善をしていくことが大切です。

そうすれば再就職活動もスムーズに進むのではないかと思います。

 

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

大企業をリストラされた人の末路が悲惨な人と明るい人の違いとは

続きを見る

40代でリストラされたら転職は悲惨!事前の対応策3つ

続きを見る

-リストラ
-,

Copyright© 草食系投資家LoK blog , 2020 All Rights Reserved.